医者いらず!! 【白湯(さゆ)】体調管理法 最強説

どうも!やましげです。

11月に入り、一段と寒くなり体が悲鳴をあげているこの頃です。

本当に寒い・・・・。

寒すぎて、クローゼットからアウターを出して

着ながらブログを書いております(笑)

 

こう寒いと運動が出来なくて太ってきたり、

風邪をひきやすくなり体調管理ができないですよね・・・。

 

そこで、私がオススメする健康法

それは、【白湯】をただ飲むだけです。

本当にこれだけ。

 

私は最近知り合いから

「白湯を飲んだ方が体に良いらしいよ」と言われ

半年間、朝起きてからすぐ白湯を飲んだところ

体調も良くなり、体重が2〜3㎏ほど痩せて効果がありました。

その白湯の効能、作り方をお伝えしていきます。

 

 

【白湯】とは?

【白湯】とは、水を沸騰させただけのお湯のことを言います。

水を10〜15分ほど沸かしたものをさらに50度程度まで下げたものを飲むので、

カルキなどの不純物がとび、口当たりも柔らかくなります。

 

【白湯】の歴史

白湯は元々インドの伝統的医学

「アーユルヴェーダ」の考えの中で、体に良いとされている飲み物です。

きれいな水が手に入りにくかったインドで、

一旦沸かして細菌などを排除した白湯を飲んでいたみたいです。

 

 

【白湯】って効果あるの?

白湯を見くびったらダメですよ!

女性に優しい効能が3点もございます。

 

ダイエット効果

 

白湯はダイエットにとても効果的です。

内臓温度が1℃あがると基礎代謝も約10~12%上昇すると言われているので、

頻繁に白湯を摂取して内臓温度を上げることにより、脂肪燃焼率がよくなります。

この効果により、私も痩せやすい体質になり、腹筋も割れてきました。

(個人差があると思います)

 

デトックス効果

血液を温めて血液の流れをよくする効果もある白湯。

適切な水分摂取で、ニキビの元になるような、体内の「不要な代謝産物」を

デトックスする効果が高まり、尿として排出されやすくなります。

 

便秘やむくみを解消

内臓が働きやすい体の深部体温は37.2℃前後と言われていますが、

白湯を飲むことによって深部体温が高くなると、血液の循環が促進され、

老廃物の排出力がアップします

体から余分な水分を出せるようになるのでむくみも解消。

 

【白湯】の正しい作り方

白湯の作り方は簡単です。

(1)やかんor鍋にお水を入れ、蓋をして火にかける
(2)沸騰したら蓋をとり、そのまま沸かし続け、不純物やカルキを飛ばす
(3)10~15分ほど沸かせば完成

たったのこれだけです。

あとは、コーヒーカップなどに移し、飲みやすい50°Cくらいまで冷めるのを待ちます。

 

【白湯】の正しい飲み方

白湯で健康を実感するコツは、飲み方とタイミングが大事です。

人間のからだが1日に必要とする水分量は、およそ1.5~2L。

 

朝起きてからの一杯目が非常に大事】

朝起きてからは、内臓の温度が低いため温かい白湯を飲み、活性化させることができます。

朝食の前に飲むことを習慣づけるとおなかのリズムも整い、スッキリとした1日を始められます。

【飲み方】

ゆっくり飲む

ガブガブ飲むと、内臓がビックリし体に良くないので

ゆっくり時間をかけて飲むようにしてください。

飲んでいると内臓が温かくなることが分かってきます。

 

 

まとめ

寒くなる日だと、朝起きてまずはコーヒーを飲む方が多いと思いますが、

コーヒーは利尿作用もあり、かえって体の熱を奪うのでオススメは致しません。

まずは、朝起きてすぐ【白湯】を作り、体をぽかぽかにして

寒い秋から冬に向けて体調管理に努めていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です